古本買取は少しでも高い場所がいい

 

これから古本を売ろうと考えている人は少しでも高値で売りたいですよね。

少しでも高値で売るためにはどうすればいいのでしょうか。

古本を少しでも高値で売るために

ちょっとでも高く売りたい、そう思っているのなら汚れは取り除いておきましょう。そしてできる事があります。それは書き込みをしているところや表紙が汚れている場合には、消しゴムなどを使って綺麗にするということです。

こうした手間をかける事は実は、とてもいいことなのです。少し手間をかけただけでも随分綺麗になります。汚れている、落書きがあるなどは消せる範囲で綺麗に消しておきましょう。

表紙がなくなっている場合は、もしその1冊だけ表紙がなくなっていて、その表紙さえあれば、全巻揃うというような状況であれば、表紙を別の古本屋で手に入れてでも購入する位にしたほうがいいのかもしれません。

そうすれば全巻揃っていい状態で手放す事ができるでしょう。

本を閉じた状態でしばらく置いておく

表紙が勝手に開く、折り目をつけていた部分が勝手に開いてしまうのも、古く感じることの一つですので、本をしばらく閉じた状態で置いておくことも大事です。重たい物を乗せるなどして、本を閉じた状態で置いておくといいでしょう。そうすればかなり閉まってくれますので、折り目が目立たなくなるでしょう。

自分が買いたい古本があるかどうか

もしこれが古本屋で販売されていたとして、自分だったらこの状態を購入するのかどうか、そういった視点で考えるといいでしょう。自分だったらこの状態の本を手とってお金を出してかうかどうかそれを考えるのです。

もし自分だったら買うのかどうか、それがわかればきっと、どうしたいのかもわかってくるはずです。

こんな状態だったら書いた奥はないと思ったのであれば、その状態は良くないでしょう。

人に売ることを前提にするのではなくて、自分ならこの状態で買いたいと思うのかどうか、その点もしっかりと考える必要があります。自分が買いたいと思えるかどうかが重要なのですから。

少しでも高値で売りたいと思っているのなら、それなりの工夫が必要です。どれだけ工夫や購入する人のことを考えられるかどうかが決め手となるといっても過言ではないでしょう。ですから、しっかりと買う人のことを考えて準備をする必要があるのです。

 Posted by at 4:59 PM